ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

循環器内科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

循環器内科は、『狭心症』や『心筋梗塞』のように胸痛で始まる急性の心臓病、『心房細動などの不整脈』、『高血圧症』、『心不全』などの診断と治療をしています。心臓病は緊急性が高く、呉心臓センター(循環器内科・心臓血管外科)として、24時間救急対応をしています。
動くと息切れがする、胸が締め付けられるような痛みがある、ドキドキする、足がむくんできたなどの症状のある人は早めに受診しましょう。
また、健診で血圧が高い、コレステロールが高い、血糖が高い、肥満を指摘された人はメタボリックシンドロームの疑いがあります。喫煙者も危険性が高く、これらに該当する場合には狭心症や心筋梗塞を起こす危険性があるため、かかりつけ医から紹介受診をお勧めします。

スタッフ集合写真

循環器内科スタッフ集合写真

施設認定

診察・診療内容・対象疾患

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全、不整脈、動脈疾患(大動脈解離、閉塞性動脈硬化症など)、肺血管疾患、高血圧症、脂質異常症、メタボリック症候群、睡眠時無呼吸症候群などを対象にしています。

循環器内科の目標
i. 呉地域において最も質の高い循環器診療を行う
ii. 近隣の基幹病院や呉地域の病々・病診連携による紹介中心型の医療体制を維持する

当科の特色

最新の医療機器を用いた先進的な診断・治療

狭心症、末梢血管疾患に対する血管内治療は循環器内科の得意分野です。その診断には、外来で冠動脈CT検査、心筋シンチ(アイソトープ検査)などの精密検査を用いて正確な診断を行っています。入院治療に際しては、血管内超音波検査(IVUS)の使用はもちろんのこと、冠血流予備能検査(FFR/iFR)・光干渉断層撮影(OCT)を用いて、より的確で安全な治療を行います。回転式アテレクトミー(Rotablator)やCrosserカテーテルといった、成績向上のための治療器具を積極的に用いて、満足度の高い治療を提供します。
急性心筋梗塞は緊急性が高い病気であり、循環器内科専門スタッフが24時間365日対応可能です。1分でも早い血流再開が得られるように、スタッフが待機しています。
心不全治療では、急性期には非侵襲的陽圧換気(NIPPV)を早期から使用し、速やかな症状改善を目指します。集中治療室での治療期間を短縮し、早期にリハビリテーションを開始出来ます。心臓リハビリテーションも充実しており、多職種が関わることで、全患者さんの自宅退院を目指しています。
重症不整脈、重症心不全に対する先進治療である、植え込み型除細動器(ICD)、両心室ペーシング(CRT-P/CRT-D)の植込みができる認定施設は、呉医療圏内で当院のみとなっています。

循環器専門医、心血管インターベンション治療専門医、超音波学会専門医、高血圧専門医、心臓リハビリテーション指導士を要し、循環器の幅広い領域で専門性の高い診療を行います。

写真 急性前壁心筋梗塞(前下行枝閉塞) カテーテル治療後(ステント留置後)

写真 下肢血管内治療 前 下肢血管内治療 後

写真 心臓CTで評価した冠動脈狭窄、治療後(ステント)の評価

自分の病気の理解の向上

病気の理解に関しては患者様用のパンフレットを使用しています。たとえば、虚血性心疾患の危険因子は喫煙、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、肥満が代表的です。診断が確定した段階で、個人毎に現在の危険因子を説明したパンフレットや病気の説明パンフレットを配布しています。

わかりやすい医療

わかりやすい医療の推進のために、入院された患者さんには疾患別の説明文や検査や手術などの経過を記載した用紙をお渡ししています。

医療の標準化(証拠に基づく医療)

証拠に基づく医療を推進しています。従来の医師の経験則による治療選択でなく、大規模な治療成績に基づく証拠に基づく治療選択を基本としています。多くの『疾患ガイドライン』を導入し、治療内容を明確化しています。

病診連携

病診連携では、入院中の検査結果などの詳細を紹介状として作成し、かかりつけ医での外来通院に必要な情報を提供しています。薬の処方や相談などはかかりつけ医で行ってもらい、特殊な検査などは当院で行う、分業スタイルをとっています。

地域連携パス

地域連携パスは、狭心症や心筋梗塞の治療を受けた患者さんが使用する手帳です。病診連携、自分の病気の自己管理、定期通院記録として使え、一人一冊使用します。

写真 図表入りのクリニカル・パス

研究・教育活動

臨床活動を、医学論文・国際学会・国内学会に発表し、医療情報の発信を行っている。
また臨床研修医、看護師、コメディカルの教育活動、多職種勉強会、病診連携としての講演会・研究会への参加・主催を行っている。

写真 心臓カテーテル検査、心電図検査での研修医指導

治療診療実績

血管内治療件数

グラフ PCI(冠動脈治療)数

不整脈検査・治療件数

心臓電気生理検査
(EPS)
新規ペースメーカー
ペースメーカー 植え込み型除細動器
(ICD)
両心室ペーシング
(CRT)
2010 50 37 3 4
2011 53 48 4 2
2012 50 46 7 3
2013 36 33 5 1
2014 50 34 5 0
2015 41 34 5 3
2016 34 31 1 2

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
スギノ ヒロシ
杉野 浩
副心臓センター部長
循環器内科科長
広島大学医学部臨床教授
医学博士
平成4年
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本高血圧学会専門医、指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
虚血性心疾患
心血管カテーテルインターベンション
ペースメーカー、高血圧
循環器一般
オカ トシハル
岡 俊治
循環器内科医長
医学博士
平成14年
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本超音波医学会専門医
冠動脈インターベンション
下肢動脈インターベンション
冠動脈CT画像診断
心臓領域の超音波診断
イチカワ オリエ
市川 織絵
循環器内科医師
平成17年
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
循環器一般
心臓リハビリテーション
キノシタ ハルユキ
木下 晴之
循環器内科医師
平成18年
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
循環器一般
心血管カテーテルインターベンション
シモナガ タカシ
下永 貴司
循環器内科医師
医学博士
平成19年
日本内科学会認定医
日本心血管インターべーション
治療学会認定医
循環器一般
心血管カテーテルインターベンション
ハラダ タカヒロ
原田 崇弘
循環器内科医師
平成24年
日本内科学会認定内科医 循環器一般
ミヤモト ショウゴ
宮本 翔伍
循環器内科医師
平成25年
日本内科学会認定内科医 循環器一般
ヒョウドウ ヨウヘイ
兵頭 洋平
循環器内科医師
平成27年
  循環器一般

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 市川 下永 杉野
原田
宮本
木下
(奇数週)
午後 市川 下永 杉野 木下

手術日:全日 月曜日・水曜日

第4月曜日 肥満外来13時から15時まで(紹介患者予約のみ)

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ