ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

臨床研究部

現在のページ

臨床研究部 研究実績のメニューです。

精神神経科学研究室(担当医師:竹林 実)

  1. 気分障害の血液・髄液バイオマーカー確立に関する研究
  2. グリアを標的とした抗うつ薬の創薬に関する研究
  3. 電気刺激療法(電気けいれん療法:ECT)、経頭蓋磁気刺激療法(TMS)、経頭蓋直流刺激療法(tDCS)の作用メカニズムおよび臨床応用に関する基礎的・臨床的研究
  4. 抑うつ患者に対する集団精神療法(行動活性化療法プログラム:クレ・アクティブ)の臨床応用に関する研究

免疫応用科学研究室(担当医師:尾上 隆司)

  1. 腫瘍内血管内皮を介した腫瘍の免疫逃避機構の解明と癌免疫療法への応用
  2. 多機能幹細胞を用いた自然免疫再構築による肝炎治療法の開発と臨床応用
  3. マウス心移植モデルを用いたオリゴ核酸の免疫抑制効果の検討

予防医学研究室(担当医師:桑井 寿雄)

  1. 早期消化管癌に対する低侵襲内視鏡治療の新規デバイス開発とその臨床応用
  2. 進行大腸癌に対する低侵襲緩和治療法の臨床的有用性安全性の研究
  3. 大腸癌浸潤転移に関する分子病理学的検討と新規分子標的薬の研究

腫瘍病理研究室(担当医師:倉岡 和矢)

  1. 自動解析ソフトを用いた乳癌免疫組織化学的マーカー解析
  2. 膵EUS-FNA迅速細胞診の有用性に関する検討
  3. 連続自動薄切機器の有用性に関する検討
  4. 前立腺癌におけるERG発現の検討
  5. 胃腺腫の長期経過に関する検討
  6. 子宮頸部細胞診CIN1病巣の進行予測マーカーの開発
  7. 細胞診検体を用いた乳癌薬物療法適応決定のための基礎研究

腫瘍統計・疫学研究室(担当医師:三村 剛史)

  1. 肺疾患におけるepigenetics異常検出の臨床的意義
  2. 口腔粘膜の遺伝子異常解析による肺疾患発生リスク評価の検討
  3. 環境要因が肺疾患の病態形成に与える影響に関する探索的研究
  4. 肺癌に対する機能温存・低侵襲手術の評価
  5. 肺癌術後合併症軽減に向けた周術期管理法の開発

分子腫瘍研究室(担当医師:檜井 孝夫)

  1. 新規大腸癌マウスモデル(CPC-APC)での薬剤投与モデルの確立とその臨床応用
  2. 新規MSI大腸癌マウスモデルを使った免疫チェックポイント阻害剤の効果とその臨床応用
  3. 複合的遺伝子改変マウスモデルを使った大腸癌の浸潤・転移機構の解明と分子マーカーの同定
  4. CRISPER/CASゲノム編集システムを用いた新規大腸癌動物モデルの作成とその臨床応用
  5. 高齢者大腸癌の多施設共同後向き調査によるガイドラインの作成
  6. ユニバーサル・スクリーニングによるリンチ症候群のGenotype-phenotypeの解析とサーベイランス法の確立

先進医療研究室(担当医師:亀井 望)

  1. 糖尿病合併症の発症進展を予知する因子の臨床応用
  2. 糖尿病の実臨床における各種アディポカイン、炎症性サイトカイン、酸化ストレスマーカーの意義に関する検討

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ