ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

歯科・口腔外科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

当科は、一般的な「歯科」という言葉でイメージされる虫歯や歯槽膿漏などの歯科治療のみならず、歯・口腔・顎(あご)・顔面領域に生じる種々の病気に対して歯科口腔外科的な診断や手術を中心とした治療を行う科です。その中には、全身麻酔下での手術を必要とする骨折や悪性腫瘍など「内容」の項で説明します多くの病気が含まれています。また院内及び近隣の病院・医院など医科と密接な連絡をとり、全身疾患を持つ外来患者様の治療を行うだけでなく、病棟のベッドを活用し、各種の全身的、局所的に重症な患者様に対しても充分な治療が行えるようにしています。また病院歯科として、院内外の歯科や医科から多くの患者紹介を受けております。

診療内容・対象疾患

外来では、一般開業医での治療が困難な智歯(親知らず)の抜歯や嚢胞などの口腔外科的な手術に加えて、口腔感染症や全身疾患を持つ患者さんの一般歯科治療を、医科と連絡を密にとりながら歯科口腔外科・歯科治療を行います。入院患者さんの多くは顎骨骨折などの外傷、重症感染症、嚢胞、悪性腫瘍(舌がん、歯肉がんなど)などもあげられます。
病院歯科の特性から、一般歯科治療としては、全身疾患や薬など(例えば、重症の高血圧、糖尿病、心疾患などや、抗凝固剤を服用している場合など)に問題がある患者さんを優先して診療させていただいております。このため、特に全身的な問題の無い方の一般歯科治療の場合、近隣歯科医院で治療を行った方が治療の進行が早いと思われます。また病診連携(病院と診療所の連携)の観点から、このような問題のある患者さんの場合、一般歯科診療所から当科へ紹介していただき、外科処置などの問題点のある治療を当科で行った後に、元の紹介医で一般歯科治療を継続していただくようなシステムを推進しております。
これらの理由から、当院での治療については、できるだけかかりつけ医からの紹介状をご持参戴きますようお願いいたします。

対象疾患

現在、当科が治療を行っている歯科口腔外科の主な病気は以下のとおりです。

一般歯科医院ではあまり行っていない、いわゆる難抜歯と呼ばれる水平方向に顎骨内に埋伏した親知らずの抜歯や顎骨内の嚢胞の摘出手術症例が、最も多い口腔外科的手術症例です。

写真 口腔外科的手術症例

また、一般歯科医院では対応できない舌がんや歯肉がんなど口腔領域に発生したがんについての診断や治療も行っております。総合病院の歯科口腔外科として、関連した放射線治療科、耳鼻いんこう科、形成外科、血液内科を始め必要な各科と連携をとって、手術療法、放射線療法、化学療法などを組み合わせた治療を行うことが可能です。一般歯科治療につきましては、上記のような有病者であるため、一般歯科医院ではなかなか治療をしてもらえない有病者歯科患者さまの治療を中心としています。

さらに、欠損歯に対する治療法として保険外治療となりますが、インプラント治療も可能となりました。インプラント治療は、あごの骨に人工歯根を埋め込む治療のことを指しています。

画像 インプラント

ヒトは歯を失った場合、一般保険診療では、欠損となった周囲に残っている歯を削ってブリッジという歯の形をした橋を架けるか、いわゆる取り外しの出来る入れ歯にするかしか方法がありません。ブリッジの場合、たまたま欠損部に隣接した歯に大きな虫歯や既に金属冠がかぶせている場合であればいいのですが、虫歯のないきれいな歯であった場合は治療のためにきれいな歯を削ることとなりますし、本来の本数より少ない歯数で大きな噛む力を支える必要があります。義歯の場合は、噛むたびに義歯が動いて食べ物が隙間に入り込んだり、歯肉に食い込んだり、口の中が狭くなったりしますし、歯根がないため強く咬むことができません。しかし、インプラント治療は、あたかも新しく歯が生えて来たかのように、ほぼ元の歯の様な感覚で噛めるようになる治療です。

治療方法のご紹介

外来診療

初診は、毎週月曜日から金曜日ですが、予約患者様の合間に初診の患者様を診療していきます。2回目からの再診は、基本的には月曜日から金曜日の午前中に予約を取られていただきます。午後の診察は外来小手術と入院患者様の診療を中心に行っています。なお初診の場合でも紹介医を通じて当院の地域医療連携室を経由して初診申込みをいただいた場合は、初診の日時を指定した予約を入れることができます。かかりつけの先生へお問い合わせ下されば初診の日時が指定できます。

基本的には初診日当日には抜歯などの外科的処置は行いません。まず初診時に症状などを確認させていただき、改めて手術予約をお取りいただくようになりますのでご了承ください。

入院治療

通常、外来で行えるような一般歯科の診療内容でも、全身疾患などのために入院下の全身管理下に歯科治療を行う必要がある場合もあります。入院治療としては、入院を必要とするような重症感染症の場合に、抗生剤の点滴を行い、膿を口腔内外から穿刺や切開により排出させる場合などや、顎骨骨折、大きめの嚢胞や腫瘍の手術などの場合は、歯科でも入院下に歯科口腔外科的な治療を行う必要のある症例も多く、入院していただくような場合でも対応できます。基本的な入院手術日は、金曜日の午後で、局所麻酔(静脈鎮静法併用)のみならず、全身麻酔下での手術にも対応できます。

がん治療について

顎口腔領域に発生するがんは、舌がんや歯肉がんなどのように、口腔内で直視出来る部分に発生していることが殆どで、歯科医院での虫歯治療時に偶然発見されることも多く、歯科医院からの紹介で当科を受診する患者さまも増加してきています。
口腔領域に発生した「がん」につきましては、咬合や咀嚼、嚥下などの機能面を考慮した上に総合病院の歯科口腔外科として関連した放射線治療科、耳鼻いんこう科、形成外科、血液内科などとの連絡を密にとって治療法を検討しております。舌がんの場合は、手術治療法がメインの治療法となった場合、術後の会話や摂食の障害が出る確立が高くなるため、可能ならば放射線療法に化学療法を加え、二次的に手術法を選択することが多くなってきています。また、歯肉がんについては比較的術後の障害が残りにくいため、第一選択の治療法としては外科的切除の手術療法を行い、二次的に放射線療法と化学療法を追加する傾向にあります。また、顎切除後を行った後には、手術によって大きなあごの骨自体がなくなり、口腔と鼻腔、上顎洞部などとの境界部分が欠損となって、空気や水分、食物などがたまったり漏れたりして通常の会話や摂食が困難となる場合、入れ歯のことを義歯というように、切除により欠損となったあごの骨の部分がついた義顎という特殊な入れ歯状の物を作成し、少しでも会話や摂食機能の改善をはかる顎補綴対応も行っています。

周術期の口腔管理について

当院は中国がんセンターでもあり、癌治療時における手術療法、放射線療法、化学療法(抗癌剤)などの治療も多くなされていますが、癌だけではなく大きな全麻手術時の周術期も含めて、これらの治療を行う際にしっかり口腔の管理を行っておくと口腔内環境を良くして治療中のトラブルを少なくし、出来るだけ快適に本来の治療が達成出来るようにするために、積極的に周術期の口腔管理を施行しています。具体的には医科から紹介により、周術期に際して治療の妨げとなるような歯性病巣がないかを精査して、必要な場合には抜歯を含め歯科的な治療を早急に行うと共に、口腔内環境を維持するための管理を行います。
これらにより周術期の口腔内炎症や乾燥、誤嚥性肺炎の発生などを無くし、快適の本来の治療が行え、より少ない入院期間で治療が行える用にする事に役立っています。実際には血液疾患の骨髄移植時の重症口内炎などは、いわゆる小さな口内炎とは違い口腔内全体の粘膜が炎症を起こして食事も食べられないまでにもなり、こういった状態にまで少しでもならない様に口腔管理に関わっております。
また、乳癌や前立腺癌の骨転移や多発性骨髄腫に用いられるビスフォスフォネートという骨に蓄積する薬があります。この薬は月に1回とかで長年使用され、骨の病気に対しては大変有効な薬ではありますが、この薬を用いている最中に不用意に抜歯を行ったりすると約2%の割合で顎骨壊死を生じる事があります。この薬は全身の骨に蓄積はするのですが、顎骨の場合は歯槽膿漏や根尖病巣などの口腔内細菌にさらされているため感染して顎骨に限って壊死を生じて来ます。こういった事が起こらない様にするためにも癌治療中の口腔管理は非常に大切です。
次の写真のように実際の症例では、ビスフォスフォネート剤を使用中、一端使用を中止してからですが右側下顎第二大臼歯(親知らずがない場合の右下の一番奥の歯)を1本抜歯したことによる下顎骨壊死で、抜歯を行った部分だけでなく下顎骨全体にまで顎骨壊死が波及しています。場合によってはこのために本来の癌治療が出来なくなる状態にまでなることもあり得ますし、この顎骨壊死自体が難治性で疼痛や腫張、排膿、さらには病的骨折を起こすまでにもなりえます。

写真 骸骨壊死について

治療診療実績

新患の一部には、当院医科を受診している患者さまが当科も受診する例もありますが、その多くは地域医療連携室を介した紹介の患者さまが近年増加傾向にあります。その内訳としては、歯科での紹介患者は少なく、そのほとんどが歯科口腔外科での紹介患者さまですが、多くの院内紹介患者さまを含めると、およそ半数以上が紹介患者さまとして受診しています。
また、地域医療連携室を介した紹介患者さまの90%以上が歯科口腔外科に関しての紹介であり、当科に求められている地域医療における歯科口腔外科的拠点としての役割の重要性を示していると考えています。歯科口腔外科としての診療が主になっている点からも外来での小手術例の紹介患者さまが多く、年間約700例の外来小手術を行っております。その内容としては、健常者では、水平埋伏智歯、完全埋伏智歯などのいわゆる難抜歯、顎骨嚢胞、粘液嚢胞、下顎骨骨折の非観血的整復固定術などがあり、有病者としては、循環器系疾患や腎機能障害、重傷糖尿病、出血性素因などの問題を持った患者さまの観血的処置などが主でした。入院症例は炎症や嚢胞が多く、以下良性腫瘍、悪性腫瘍が続き、以前は多かった外傷による入院は、近年減少してきています。

その他

広島FM放送の番組「メディカルQ」にて、歯科疾患についての解説を年に4回程度行っています。

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
タナカ コウジ
田中 浩二
歯科口腔外科科長
歯科科長
歯学博士
昭和56年
日本口腔外科学会口腔外科専門医 顎口腔領域腫瘍
顎顔面外傷
サカタ ケイコ
坂田 恵子
歯科口腔外科医師
平成12年
日本口腔外科学会専修医 口腔外科一般
歯科一般
オクムラ トシヤ
奥村 俊哉
歯科口腔外科医師
歯学博士
平成19年
日本口腔外科学会認定医
抗菌化学療法学会認定歯科医
日本口腔ケア学会4級認定者
口腔外科一般
顎顔面外傷
口腔ケア

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 田中
奥村
久保薗
(交代制)
田中
奥村
久保薗
田中
奥村
久保薗
田中
奥村
久保薗
(交代制)
田中
奥村
久保薗
午後 田中
奥村
久保薗
(交代制)
田中
奥村
久保薗
田中
奥村
久保薗
田中
奥村
久保薗
(交代制)
手術日

病棟初診患者 月曜日・木曜日のみ

金曜日 午後手術日

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ