ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

血液内科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

呉医療圏唯一の血液疾患専門医療機関として、各種貧血、造血器悪性腫瘍(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群など)、出血性疾患などの診療を行っています。中国地方でも有数の8床の完全無菌室と1床の準無菌室を有しており、適応がある症例に対しては積極的に造血幹細胞移植を行っています。また当院はエイズ拠点病院であり、HIV感染症に関しての診療も行っています。人口の高齢化に伴い血液疾患の罹患患者数も増加しており、地域のニーズに応えるべくスタッフ一丸となって診療に当たっています。

当科の特色

複数の血液専門医が在籍しており、当科内での診断と治療についてのカンファレンスを経た後に、患者さんへの説明と同意(インフォームドコンセント)を丁寧に行います。また治療は日本の多施設共同研究のデータに基づいた標準的治療を行うことを原則とします。一方でご高齢であったり、合併症などのために標準的治療の適応が難しい患者さんには、その人にあったオーダーメード治療を行うことを心がけています。また、造血幹細胞移植の適応のある患者さんには積極的に移植療法を行っています。自分の造血幹細胞を使う自家移植、他人の造血幹細胞を使う同種移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植など)など、一人一人の患者さんの条件に合わせて移植療法を選択します。また近年、移植の副作用を減らしたいわゆる骨髄非破壊的移植が開発され、55歳以上の患者さんに対しても同種移植が可能となっています。高齢化社会へと移行しつつある地域の実情を踏まえ、当院でも積極的に導入しています。また全国の多施設共同研究に多数参加しており、先端的治療も行っています。また、医師だけでなく、看護師、薬剤師、リハビリテーションやカウンセリング、他科診療など各職種との連携を重視したチーム医療を目標としています。

対象疾患

各種貧血、造血器悪性腫瘍(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群など)、出血性疾患、HIV感染症

治療診療実績

外来患者数

グラフ

入院患者数

グラフ

移植件数 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
自家移植 5 10 15 10 4 6
同種骨髄 4 2 12 11 10 6
同種末梢血 4 0 0 3 2 2
臍帯血 0 0 7 6 3 0

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
イトウ タクオ
伊藤 琢生
血液内科科長
化学療法室長
医学博士
平成10年
日本血液学会血液専門医
日本内科学会総合内科専門医
血液疾患
キド ミキ
木戸 みき
血液内科医師
平成13年
日本血液学会血液専門医
日本内科学会総合内科専門医
血液疾患
ミノ タツジ
美濃 達治
血液内科医師
平成20年
日本血液学会認定血液専門医
日本内科学会認定内科医
血液疾患
キダ ミチコ
木田 迪子
血液内科医師
平成25年
  血液内科一般

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 伊藤 伊藤(偶数週)
木戸(奇数週)
木田
美濃
木戸 (交代制)
午後     美濃    

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ