ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

臨床検査科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

理念

確かな臨床検査

運営方針

臨床検査のご紹介

臨床検査とは、患者さんの病気の状態を客観的に把握するために行う検査のことです。
臨床検査は検体検査と生理機能検査に分けられます。

検体検査

検体検査は患者さんから採取される血液、尿や便を調べます。検体検査は、さらに生化学検査、免疫検査、血液検査、一般検査、細菌検査、輸血検査に分かれます。

生化学検査

血液や尿などに含まれるタンパクや酵素、脂質類などの化学物質を測定します。

免疫検査

免疫・血清検査では、B型・C型肝炎ウイルスを始めとする肝炎ウイルス検査や甲状腺ホルモン・膵ホルモンなどの内分泌検査、CEA・AFP・CA19-9などの各種腫瘍マーカーを測定しています。

異常な結果の連絡、採血から検査まで経過を絶えず監視しています。また糖尿病教室やNST(栄養サポートチーム)として活動しています。

血液検査

赤血球・白血球・血小板の数や、出血した場合に止血の役割を担う凝固因子などの検査を行っています。
最新鋭機により幼弱血小板情報を提供しています

イメージ 血液像(末梢血)

一般検査

尿検査・便検査・体腔液検査・精液検査などを行っています。
マイクロアルブミンによる早期の腎機能障害の監視や食塩濃度測定も行っています。便検査には大腸がんスクリーニング検査や寄生虫などの検査も行います。

イメージ 尿試験紙

細菌検査

病気を引き起こす原因となる細菌を見つけて、どのようなお薬が効くか調べる検査です。
感染対策・感染対策支援システムやPCR(核酸増幅検査)機器を揃え感染対策チームとしても活動しています。

黄色ブドウ球菌の
コロニーと結核菌

輸血検査・輸血管理

血液型、交差試験など安全な輸血を行うため検査をおこなっています。
輸血管理の一元化、自己血輸血、システム化により、輸血の安全・適正使用を行っています。

写真

生理機能検査

心臓、肺、脳、神経など人の体の中で起こっている出来事を、さまざまな機器を用いて検査します。

生理機能検査で行われているおもな検査
検査名 検査日 検査時間 検査部位 注意事項
心電図 毎日 5分 心臓  
負荷心電図 木曜 30分 心臓 動きやすい服装でお越しください。
ホルター心電図
24時間血圧
月曜~金曜 15分 心臓 2日連続で来院が必要です。
心臓超音波 毎日 30分 心臓 小児科は木曜日の午後からです。
頚動脈超音波 毎日 30~60分 血管  
経食道超音波 木曜 30分 心臓 検査終了まで飲食できません。
脳波 毎日 30~60分 小児科は火曜・木曜日午後からです。
神経伝達速度 火曜、水曜、金曜 30~60分 神経  
肺機能
精密肺機能
毎日
火曜、水曜
5分
30分

 
尿素呼気試験 月曜~水曜 30分 ピロリ菌 検査終了まで飲食できません。
重心動揺 毎日 5分 めまい  
血圧脈波 毎日 5分 血管  
簡易睡眠時無呼吸 毎日   呼吸 1泊入院の検査です。

検査の予約について

生理機能検査は、皆さんと臨床検査技師が一緒に検査を行います。皆さんの、ご協力がなければ検査ができません。少しでも緊張や不安をなくして検査を行うことが、我々の仕事です。

診療実績

検査実施料・判断料

生化学検査や血液検査は一日当たり700~800人分の検査を行っています。緊急の項目は24時間体制で検査を実施し、検査結果を迅速に報告しています。下表には過去三年間の検査実施料・判断料を示します。

(検査実施料・判断料:千円)

  H25年度 H26年度 H27年度
検体検査 627,500 652,521,221 676,179,135
生理機能検査 377,124 396,461,901 398,915,996

精度管理(品質管理)外部精度管理

正確なデータを提供するため毎日品質管理を行っています。年に数回全国的な精度の確認も行っています。
下表のように、いつも96点以上の高い評価を受けています。
また当センターの臨床検査値は標準化され、且つ精度が保証された精度保証施設の認定を受けています。

(点数)

  H25年度 H26年度 H27年度
日本医師会 98.1 100 99.7
日本臨床検査技師協会 100 99.6 100
広島県医師会 98.2 100 98.9

輸血管理実績

手術や血液疾患の治療などに必要な輸血用血液製剤の取扱量は広島県の中でも多く、一日平均濃厚赤血球で10パック、血小板で6パックを扱っています。赤血球製剤の使用は、安全で迅速な輸血が実施されるよう24時間で対応しています。

(購入単位数)

  H25年度 H26年度 H27年度
赤血球製剤 7,116 7,038 7,490
血小板製剤 21,210 19,820 17,820
新鮮凍結血漿 1,368 1,532 1,706

学術活動

常に知識と技術を積み重ね、よりよい臨床検査技師育成に努めています。
論文、学会発表、勉強会やカンファレンス(検討会)を行い知識と技術の向上に努めています。

臨床検査科と病理診断科の論文・学会発表等の実績です。

(回数)

  H25年度 H26年度 H27年度
論文(和文) 4 3 1
論文(国際) 1 0 2
国内学会発表 26 18 25
国際学会発表 4 3 2
教育講演・学術講演 20 13 15
公開学術活動当科会場 14 11 12

スタッフ紹介

スタッフ内訳:医師5名、臨床検査技師38名、事務員1名

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 その他
タニヤマ キヨミ
谷山 清己
院長
臨床研究院長
昭和53年
日本病理学会病理専門医
日本病理学会学術評議員
日本臨床細胞学会指導医・専門医
日本臨床細胞学会学術評議員
日本臨床検査医学会臨床検査専門医
医学博士
広島大学医学部臨床教授
日韓細胞診合同会議日本側代表
クラオカ カズヤ
倉岡 和矢
病理診断科科長
臨床検査科長
平成12年
病理専門医
細胞診専門医
医学博士
サイトウ アキヒサ
齊藤 彰久
歯科医師
平成14年
  医学博士
タグチ カズヒロ
田口 和浩
臨床検査技師医師
平成20年
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
一般外科
タニヤマ ダイキ
谷山 大樹
医師
平成24年
   
ヤマモト ヒデキ
山本 英喜
臨床検査科医師
平成13年
日本外科学会専門医 病理診断一般
スタッフ取得資格
超音波検査士 6名 認定病理検査技師 1名
細胞検査士 3名 有機溶剤作業責任者 3名
NST専門療法士 2名 特定化学物質作業主任者 4名
緊急検査士 6名 二級臨床検査士(血液) 1名
医療環境管理士 1名 血管診療技師 2名
臨床工学技士 1名    

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ