ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

高気圧酸素治療室

現在のページ

ページ内メニューです。

高気圧酸素治療室のご紹介

高気圧酸素治療とは

大気圧(現在私たちが住んでいる圧力)よりも高い圧力の中で、酸素を吸うことによって血液中にたくさんの酸素を取り込み、病気の改善をはかろうとする治療です。
当院では全長約8mある大きな治療装置内に患者さん数名で入っていただき、大気圧から2絶対気圧(水深約10mと同じ圧力)又は2.8絶対気圧(水深28mと同じ圧力)まで圧力を上げ、その中で酸素を吸いながら85分間過ごしていただきます。

写真 捜査室の様子と治療中の様子

当院の高気圧酸素治療室の特徴

高気圧酸素治療室は昭和49年3月にスモン病の患者さん救済を目的に設置された全国国立病院唯一の大型装置です。
改装に伴い、平成12年新しく高気圧酸素治療装置を更新し以前の装置より一回り大きな装置を採用しました。特に減圧症(潜水病)患者さんにはなくてはならない装置です。
また、一般の患者さんには最高の治療が出来るように治療室内は広く、空調設備も完備し、ソファでゆったりと安心して治療が出来るように設計されています。

治療のご案内

禁忌、注意すべき薬剤

禁忌

  1. 気胸(未治療)
  2. 眼科治療・術後(網膜はく離などで眼内ガスC3F8、SF6を使用した場合)
  3. 未熟児(満期新生児は治療可能)
  4. 妊娠(緊急の場合は治療)

注意すべき薬剤

  1. 塩酸 ドキソルビジン(アドリアマイシンなど):抗癌剤
  2. シス-ジアミンジクロロ白金(シスプラチンなど):抗癌剤
  3. 二酸化テトラエチルチウラム(ジスルフィラムなど):禁酒剤

治療を受けられる前に

酸素を多く使用する治療室内は物が燃え易いため、高気圧酸素治療を受けられるときには、下記の物品を絶対に持ち込まないで下さい。綿100%の高気圧酸素治療専用治療着に着替えていただきます(下着は静電気軽減のため綿100%の着用をお願いします)。

治療前に持ち物、衣類等のチェックを行います。ご協力いただけない場合は安全上、治療中止となることがございます。

治療中について

治療を開始してしばらくすると耳が詰まる感じがしてきます(飛行機に乗ったときや、列車でトンネルに入ったとき、山を下るときの症状)。そうなったときは、下記のいずれかを行ってください。

これらの方法を行うことで、耳から空気が抜ける感じがして、耳のつまりが取れます。治療開始から10分間は耳が詰まるたびに、これらの方法を何度も繰り返し行ってください。
その後(75分間)は何もする必要はありません。

一般的な治療パターン
(1)
私たちの暮らしている大気圧(1.0ATA)から、10分かけて1気圧の圧力を上昇させる(2.0ATA)
(2)
圧力を上昇させた状態で、酸素マスクにて60分間酸素を吸入する
(3)
15分かけて私たちの暮らしている大気圧(1.0ATA)まで圧力を下げていき治療を終了する

イメージ 一般的な治療パターン

治療中の流れ

写真 治療中の流れ

治療時間について

当院では1日4回、下記の時間で治療を行っております。疾患によっては、治療圧力や治療時間が異なる場合がございますので、16時30分からの治療となる場合がございます。また、定員が決まっておりますので、ご希望の治療時間で治療を行えない場合がございます。

治療実績

  平成25年 平成26年 平成27年
疾患 人数 回数 人数 回数 人数 回数
突発性難聴 157 1538 181 1748 182 2029
顔面神経麻痺 71 658 41 462 53 576
ハント症候群 6 53 2 19 6 59
低酸素脳症 0 0 2 19 2 25
CO中毒 1 4 1 16 6 35
減圧症 3 3 6 15 11 25
網膜動脈閉塞症 1 5 2 7 1 4
糖尿病性壊疽 0 4 1 28 1 21
骨髄炎 0 0 0 0 1 25
ASO 1 57 3 64 0 0
ガス壊疽 1 4 0 0 0 0
難治性潰瘍 2 121 1 11 6 169
皮膚移植 2 29 0 0 0 0
蜂窩織炎 1 8 0 0 0 0
放射線性膀胱炎 0 0 0 0 2 30
熱傷 1 38 0 0 0 0
イレウス 1 1 0 0 0 0
その他 5 47 4 55 8 123
合計 253 2570 244 2444 279 3121

スタッフ紹介

当院には学会認定の臨床高気圧酸素治療技師4名が常勤しており、安全な治療が行えるように心掛けております。

写真 集合写真

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ