ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

腫瘍内科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

近年、「がん」による死亡数は上昇しており、日本人の2人に1人ががんに罹る時代になっております。その中で、腫瘍内科は、抗がん剤治療を中心に、「がん」に対して内科的に関わっていく診療科です。抗がん剤治療は近年では大変進歩が目覚ましく、がん治療の中で大きな役割を担ってきております。ところが、抗がん剤治療は、副作用が強く、時に重篤な副作用をもたらすこともあります。一方、安易に使用する量を減らしてしまうと、今度は効果がなくなってしまうため、厳密な管理が必要な治療です。当科では抗がん剤治療を受けられる方にとって治療の効果を最大限に引き出し、副作用に対しては、適切な副作用を抑える対処法を実践することにより、患者様の生活の質を高めながら治療を行って参ります。
セカンドオピニオンやがんの治療方針に対する相談、治療施設に関する相談など、がん患者様のさまざまな悩み・相談にも丁寧に対応致します。

当科の特色

「がん」は身体的にも、精神的にも大きな影響を与える病気でありながら、日本人のがん患者数は依然、増えております。一方で、「がん治療の専門施設が地域にない」、「専門医師がいない」という問題がありました。当院は中国がんセンターとして、経験豊富で、専門性の高いがん治療のスタッフを数多く擁してこれまでがん治療の拠点病院として、その役割を果たして参りました。その中で、最善のがん診療を行っていくには「チーム医療」が大切ですので、外科医、内科医、放射線治療医、緩和ケア医、精神科医などの各領域専門医師、看護師(がん専門、がん化学療法認定、緩和ケア認定、がん性疼痛認定)、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士など多岐にわたる職種とともに診療を行って参ります。
腫瘍内科は、個々の患者様に最適な抗がん剤治療を行わせて頂くだけでなく、「チーム医療」をより円滑に実践するための架け橋となるよう連携を密に図っていきます。
また、患者様の個々の悩み・心配事はそれぞれに違いますので、その方に合ったサポートをチームで対応し、患者様の「生活の質」を最大限に大切にするよう心がけて参ります。

対象疾患

原則としてすべての固形癌に対する薬物療法を行っています。薬物療法には抗がん剤治療、ホルモン療法、分子標的治療が含まれ、その病気に対する標準治療(世界で最も優れた最善かつ最良の治療)を実践して参ります。

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
ヒラタ タイゾウ
平田 泰三
腫瘍内科科長
副治験管理室長
医学博士
平成15年
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本臨床薬理学会指導医
腫瘍内科

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ