ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

腎臓内科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

「尿蛋白陽性などの腎疾患の存在を示す所見」、もしくは「腎機能低下が3ヵ月以上続く状態」を慢性腎臓病と定義され、日本では400万人以上の患者さんが慢性腎臓病であると推定されています。さらに近年、「慢性腎臓病は末期腎不全のみならず、心血管疾患、悪性腫瘍、感染症などの大きな危険因子である」ことを明らかにした論文が多数発表されていることに加え、「慢性腎臓病には治療法がある」ことが広く知られるようになっており、慢性腎臓病対策を進める取り組みが全世界的に進んでいます。当院でも慢性腎臓病の患者さんの診断・治療や合併症の管理を様々な科の先生方と連携しながら推進して参ります。

診療内容・対象疾患

治療方法のご紹介

腎炎・腎障害の診断・治療

腎機能障害や蛋白尿の持続している場合には超音波ガイド下腎生検を施行し、確定診断をつけた上で治療方針を決定しています。IgA腎症に対する「扁桃摘出術+副腎皮質ステロイドパルス療法」も耳鼻いんこう科の先生の協力を得て行っています。

慢性腎不全の進行抑制・合併症の管理

腎機能が低下した患者さんでも、慢性腎不全の進行を抑制し、透析導入を阻止するための治療をしています。また、他科の先生方と協力して心血管疾患、悪性腫瘍の早期発見・早期治療を行い早い社会復帰を目指しています。

血液透析

血液透析患者のシャントトラブルに対して、シャント造影やシャント経皮的血管形成術(シャントPTA)を施行しています。また、血液透析患者さんが検査や手術で入院される場合の血液透析を管理しています。

腹膜透析

腹膜透析導入から慢性期の管理まで一貫して行なっています。血液透析と腹膜透析の併用療法も行なっています。

血液浄化療法

血液透析・腹膜透析以外にも血漿交換や吸着療法など各種血液浄化療法を行っています。

食事療法

腎臓病の病態に合わせた適切な食事療法を、管理栄養士・看護師とチームを組んで行なっています。

治療診療実績

腎生検:20例 / 年
シャント造影・シャント経皮的血管形成術:100例 / 月
透析回数:1400回 / 年

診察医 髙橋俊介医師
対象疾患 各種腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、膠原病などによる腎障害、蛋白尿、血液透析、腹膜透析、シャントトラブル

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
タカハシ シュンスケ
髙橋 俊介
腎臓内科科長
透析管理室長
医学博士
平成10年
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓病学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
腎臓疾患、人工透析
サクラ マオ
佐倉 麻央
腎臓内科医師
平成25年
日本内科学会認定内科医 腎臓内科一般
ホソカワ リョウヘイ
細川 亮平
腎臓内科医師
平成25年
  腎臓内科一般

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前   髙橋     髙橋
午後   田中     細川

月曜日・木曜日 シャント外来(予約制)

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ