ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

神経内科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

しびれ、頭痛、めまいといったよくある症状から物忘れ、力が入りにくい、しゃべりにくいなどの症状が神経内科の対象になります。
呉医療センター・中国がんセンターでは、脳卒中など救急疾患から、神経難病といわれる疾患までを網羅しています。

診療内容・対象疾患

おもな病気としては、脳卒中、認知症、パーキンソン病がよく知られています。

治療方法のご紹介

脳卒中

血管が詰まる脳梗塞、血管がやぶれて血が出る脳出血、動脈瘤が破裂しておこるくも膜下出血があります。神経内科は脳梗塞、手術をしない脳出血を扱います。

認知症

おもに外来診療で扱います。アルツハイマー病以外に種々の物忘れをおこす病気があります。MRI、脳血流シンチ、脳波などで検査を行い診断します。認知症学会専門医がいます。

パーキンソン病

高齢者に多い病気です。手が震える、体の動きが遅くなる、足が前に出にくいなどの症状がゆっくり進行します。専門的な問診と診察で診断し、症状が進みにくいような治療を選択します。

てんかん

てんかんは、実は高齢になるほど新たに発症する人が増えます。脳の老化に伴っておこるものですが、正しく診断し、治療を行えば症状のコントロールは多くは可能です。神経内科では小児科に通院中のてんかんの患者さんが成長し大人になった場合の引継ぎを行うこともしています。

免疫性神経疾患

手足のしびれや動かしにくさについて診察、MRI,神経伝道検査などで検査を行い原因を考え治療します。多発性筋炎、多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群などの神経免疫疾患は急速に症状が進行し動けなくなってしまうことがあるため、早めの受診をお勧めします。免疫グロブリン療法や血液浄化療法などを組みあわせて治療します。

髄膜炎、脳炎

発熱、頭痛が主な症状です。症状が悪化するとけいれんや意識障害をきたすこともあります。入院の上画像検査や髄液検査で診断します。多くはウイルス性髄膜炎で経過観察のみですが、必要に応じて抗生剤治療を行います。

頭痛

とてもありふれた症状ですが、悩んでいる方は多いはず。動けないくらいの頭痛、吐き気を伴う頭痛が繰り返して起こる場合、片頭痛の可能性があります。脳の画像検査も必要になります。市販の鎮痛薬のみで悩んでいる方はぜひ受診してみてください。広島県に数少ない頭痛専門医が在籍しています。

神経難病

免疫性神経疾患ほか多岐に渡る疾患を含みます。筋萎縮性側索硬化症(ALS)という病名は報道などで目にされたことがあるかもしれません。スモンや脊髄小脳変性症ほか数多くの神経疾患が特定疾患の対象になっています。体の動きが悪くなるものがほとんどなので患者さんは苦痛を強いられます。私たちは患者さんとともに生活の質を少しでも保つことができるようお手伝いします。

当院の特色

呉市の急性期疾患を扱う病院で、当院神経内科の患者シェアは年間を通じて70%程度です。
このほか日本脳卒中学会、日本認知症学会の教育病院、日本神経学会の准教育施設です。日本神経学会、日本認知症学会、日本頭痛学会の専門医、指導医が在籍しています。

脳卒中について;Time is Brain.

呉地域のみならず、広島県全体を見回しても総合病院の神経内科が扱う脳卒中としてはダントツの数です。年間300以上入院されています。
脳梗塞は症状が出現してから4時間30分以内であれば、詰まった血栓を溶かす治療(t-PA静注療法)が行える可能性があります。t-PA静注療法により症状が劇的に改善する可能性が約40%あります。突然出現した麻痺、しびれ、しゃべりにくさ、目の見えにくさは脳卒中の可能性があります。一刻も早く救急車を要請してください。

写真 t-PA治療前後の脳血管

当院では2013年は15例の血栓溶解療法を行いました。2006年5月に第1例を施行してから100例を突破しています(2014年4月現在)。
繰り返しますが、脳卒中を疑ったら一刻も早く119番しましょう。

グラフ t-PA静注療法の件数

神経難病について

基本的には外来通院ですが、病状や介護の問題などある場合は短期の入院を繰り返していただくことも可能です。ご相談ください。
筋萎縮性側索硬化症にたいするエダラボン治療は入院、外来あるいは近隣の開業医と連携して施行しております。

治療診療実績

患者数

外来新患 874名 再診察 8,789名
入院 674名    

入院患者の内訳

脳卒中 283名 神経変性疾患 67名
└ t-PA静注療法 11名 └ ALS 46名
末梢神経・筋疾患 63名 神経感染症 13名

おもな検査の年間件数

CT 638件 脳波 298件
MRI,MRA 1,279件 神経伝導検査 274件
PET, SPECT 112件 針筋電図 32件
脳血管撮影 10件 誘発筋電図(SEP,VEP,ABR,MEP) 14件
頭頚部血管超音波検査 304件 筋生検 4件

頚動脈超音波検査

脳卒中では、脳血管の動脈硬化をしるために超音波で頚動脈の壁の厚さ、性状、血液の流れる速さなどを観察し計測します。
神経内科ではポータブルの超音波にょり、迅速に評価ができるようにしています。

神経伝導検査

神経は電気信号を伝えるいわば電線のような働きがあります。手足の神経を電気刺激し、その伝わり具合を解析します。年間270件施行しています。

脳波検査

てんかんや意識障害の評価には最も重要な検査です。脳死患者からの臓器移植のときにも必須です。デジタル脳波計を用いて神経内科だけで年間約300件行っています。

筋・神経生検

筋疾患が疑われる場合には、局所麻酔下で筋肉や神経を一部切り取り、顕微鏡で詳しく調べることができます。

脳卒中以外のおもな疾患(入院)

筋委縮性側索硬化症 13 末梢神経疾患 36
パーキンソン病とその関連疾患 25 筋疾患 8
多系統萎縮症 5 神経感染症、脳症 26
脊髄小脳変性症 4 てんかん 95
認知症性疾患 11 中毒性神経疾患 12
免疫関連性中枢神経疾患 8 その他 95

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
トリイ ツヨシ
鳥居 剛
医療情報部長
神経内科科長
総合診療科科長
臨床研修室長
医療情報管理室長
広島大学医学部臨床教授
医学博士
平成5年
日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
日本神経学会専門医、指導医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医、指導医
日本認知症学会専門医、指導医
日本内科学会認定JMECCディレクター
日本救急学会認定ICLS WSディレクター
広島大学医学部臨床教授
神経内科全般
脳卒中
認知症
頭痛
神経難病
クラシゲ タカシ
倉重 毅志
神経内科医師
医学博士
平成16年
日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
日本ポンペ病研究会ポンペ病相談医師
神経内科全般
神経変性疾患
遺伝性神経疾患
末梢神経・筋疾患
神経病理学
スギウラ トモヒト
杉浦 智仁
神経内科医師
医学博士
平成16年
日本内科学会認定総合内科専門医
日本神経学会神経内科専門医
内科・神経内科全般
カンバラ トモミ
神原 智美
神経内科医師
平成24年
日本内科学会認定内科医 神経内科全般
スミ ナオコ
角 奈保子
神経内科医師
平成25年
日本内科学会認定内科医 神経内科全般
オオタ マユミ
大田 麻由実
神経内科医師
平成26年
  神経内科全般

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 鳥居 倉重 倉重 鳥居 杉浦
神原
午後 鳥居 倉重   鳥居
杉浦
 

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ