ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

看護部

現在のページ

看護部紹介のメニューです。

看護部の教育体制

 

トピックス

現在情報はございません。

看護部の教育理念

医療技術の高度化、社会情勢にあった専門職業人としての役割を遂行するために系統的・継続的な能力開発を進める。専門職として質の高い看護を提供すると共に看護のキャリア開発を進め一個人としての成長と自己実現をめざす。

看護部の教育目的

  1. 自己実現をめざし、人間性豊かな看護師として成長する。
  2. 専門的な看護実践を深めるために自己研鑽する姿勢を養う。

キャリア開発概念図

キャリア開発概念図 PDFを新しいウィンドウで開きます。PDF

看護部教育計画

写真 新人採血、就業前 血糖測定

  1. 就職したらクリニカルラダーに沿ってキャリアアップを図っていきます。
    クリニカルラダーとは、各ラダーで目標を明確にし個人の看護実践能力を高めるためのシステムです。

    レベル0 採用してから1年間レベルⅠを達成出来るよう教育指導を受けます。
    レベルⅠ (レベルⅡに目標をおいた2年目看護師)
    レベルⅡ (レベルⅢに目標をおいた3年目看護師)
    レベルⅢ (レベルⅣに目標をおいた4年目看護師)
    レベルⅣ (レベルⅣを達成した5年目看護師)

研修内容

研修対象:ラダーレベル0(採用されてから1年間で行う研修です)

1年間でたくさんのことを学び看護師の役割がよくわかります!

集合教育 目標
感染管理 標準予防策の徹底が図れる。
電子カルテの使い方 電子カルテが操作できる。
看護記録 POSに基づいた記録ができる。
1か月後の振り返り 自分の思いを言語化し、他者と情報や体験を共有することで、自分の思いや悩みを整理する。
救急処置 救急の場における基礎看護技術を身に付ける。 救急対応、救急カートの薬理作用
医療安全・看護倫理 安全を保つためのリスク感性を身に付ける。
看護倫理について理解する。
3カ月の振り返り 3ヵ月間の看護を振り返り、課題を明確にできる。
多重課題シミュレーション 優先度を考えながら安全に課題解決ができる。
フィジカルアセスメント 呼吸器、循環、頭部、腹部のフィジカルアセスメントを看護に活かす。
1年間振り返り 「大切にしている看護」レポートをまとめ、1年間の成長を共有する。
現場教育 実地内容
4月から5月上旬
看護技術指導
5月
プリセプターとの振り返り(1ヵ月)
5月末
病棟の常備薬の作用と副作用、薬剤 使用時の注意点
6月上旬
夜勤導入基準シート確認
6月
プリセプターとの振り返り(3ヵ月)
10月
プリセプターとの振り返り(6ヵ月)
2月末
看護観レポート評価ツールによる評価 ラダーレベルⅠ

写真 救急処置 救急処置 フィジカルアセスメント

研修対象:研修レベル 卒後2年目 ラダーレベルⅠ

医療チームの中で自信をもって自分の意見が言えるようになります!

集合教育 目標
医療安全対策 事例検討により、安全を保つためのリスク感性を身につけることができる。
私の考える看護Ⅰ 2年目看護師としての到達目標を再確認し、自己の目標を明確にする。
私の考える看護Ⅱ 設定した目標を認識し、自分が行いたかった看護ができているか振りかえることができる。
フィジカルアセスメント 根拠に基づく呼吸・循環のアセスメント方法の習得。
プリセプター研修Ⅰ プリセプターシップについて理解し、プリセプティの支援方法を理解できる。
現場教育 実地内容

研修対象:研修レベル 卒後3年目 ラダーレベルⅡ

集合教育 目標
プリセプター研修Ⅱ 悩みを共有し、新人看護師との具体的な関わり方を考える。
リーダーシップ研修 リーダーシップについて理解できる。
看護チームの中でリーダーシップについて認識できる。
プリセプター研修Ⅲ 新人との関わりを通して自ら成長してつなげることができる。
現場教育 実地内容

研修対象:研修レベル 卒後4年目 ラダーレベルⅢ

集合教育 目標
キャリア育成研修 管理(副看護師長)、教員、認定看護師について、資格取得法、資格取得後の実践について理解し、将来のキャリアアップの示唆とする。
リーダーシップ研修 所属部署において、問題意識をもちリーダーシップを発揮し取り組むことができる。
現場教育 実地内容

研修対象:研修レベル 卒後5年目以上 ラダーレベルⅣ

集合教育 目標
コーチングを取り入れたリーダーシップ研修 あらゆる面でリーダーシップが取れる。
看護モデルとしての役割が発揮できる。
後輩に対して看護に関する教育的支援ができる。
現場教育 実地内容

研修対象:研修レベル 卒後6年目以上 ラダーレベルⅣ

集合教育 目標
看護を語る会 看護を語り合い、よい看護につなげることができる。
コーチング研修 教育的役割についての自己の課題に気づき、今後の目標ができる。

専門研修 研修レベル 卒後4年目以上 ラダーレベルⅢ~Ⅳ

レベルアップをめざし専門性を追求します!

集合教育 目標
がん性疼痛看護コース がん性疼痛看護の理論に基づいたケアが実践できる看護師を育成し、全ての病期におけるがん患者の看護の向上を図る。
感染管理コース 病院関連感染の低減にむけて、根拠ある感染防止対策・技術を臨床現場で実践し、指導教育できる看護師を育成する。
救急看護 患者急変時に、リーダーシップ・メンバーシップを発揮し、早期対処ができる看護師を育成する。
緩和ケアコース 終末期がん患者と家族のQOL向上を図るため、適切に対象を理解して、看護を実践できる。
新生児集中ケアコース 新生児看護に関する幅広い知識と技術を用い、新生児の身体的ケア及び親子愛着形成を助ける看護ケアの質の向上を図る。
皮膚・排泄ケアコース 新規褥瘡発生を少なくするための「予防的ケア」について基本的知識を習得する。
褥瘡の早期治癒に向けた「治療的ケア」について基本的知識を習得する。
放射線看護 放射線について知り、安全に放射線受診・治療に携わることができる。
集中ケア 根拠に基づいて、フィジカルアセスメントが実施でき、そのアセスメントを基に看護ケアを実施することができる。
静脈注射実施対応研修
(がん化学療法・麻薬・血液製剤)
研修を受講することにより、それぞれ決めた内容の実施項目が実施可能となる。
備考

看護師・助産師の求人情報

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ