ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は、脳、目以外のほとんどすべての首と頭の病気を診察します。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科は感覚器科であると同時に頭頸部を内科的にもまた外科としても診療を行っています。
感覚器科として聴覚・嗅覚・味覚の疾患、神経内科的にはめまい・顔面神経麻痺など、呼吸・消化器科内科的には鼻・副鼻腔・口腔・咽頭・喉頭の疾患を診療します。
頭頸部外科としては、耳・鼻の手術から頭頸部癌に至るまで幅広い手術を手がけています。

診療内容

診療内容・対象疾患

対象疾患

対象疾患として代表的なものを列挙すると
突発性難聴、末梢性顔面神経麻痺、めまい平衡障害、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性扁桃炎、アデノイド増殖症、頭頸部がん、嚥下障害、発声障害など
があります。
当科では、これらの疾患でも一般の診療所で治療可能なものは診療所にお任せして、特殊な検査や治療、入院や手術が必要な一般の診療所では対応できない疾患の方を対象に主に診察しています。

治療方法のご紹介

頭頸部癌治療(再建手術、超選択的動注化学放射線治療、IMRT、小線源放射線治療)

頭頸部は食べる、しゃべるなど生活の基本となる機能が集中し、外から見える部位という面からも、癌の治療には根治性と共に機能的・整容的な配慮が重要となります。進行癌では根治性を高めるためにできるだけ大きく癌を切除する必要がありますが生活の質(QOL)が低下してしまいます。そこで癌の切除後に遊離組織を使って再建手術を行いQOLの維持をはかるのが近年の頭頸部がん手術の標準治療の1つになっています(図1)。
しかし再建手術は血管縫合など高度の技術を持った形成外科医の存在が不可欠でありどこでもできる治療ではありません。当院は広島県下では最も早期より形成外科を創設し再建手術を行っています。

図1 進行癌切除後の再建手術(下歯肉癌)

イメージ

一方、進行癌でも手術をしないでQOLを維持しながら根治を目指す新しい治療にも力を入れています。その1つに超選択的動注化学放射線治療があります。頭頸部の早期癌は放射線治療のみで根治を目指すことができますが、癌が大きくなると放射線治療だけで癌を消失させることは困難になります。そこで放射線治療と同時に抗がん剤投与を行い両者の相乗効果で進行癌の根治を目指す化学放射線治療が広く行われています。しかしそれでも根治できない進行癌の根治を目指す新しい方法として超選択的化学放射線治療を当院では行っています(図2)。

図2 超選択的動注化学放射線治療(上顎洞癌)

イメージ 点滴投与、超選択的動注投与

化学放射線治療では、抗がん剤は点滴で投与され癌を含めた全身に均一に拡がるため比較的強い副作用がでます。超選択的動注化学放射線治療では、細いカテーテルを使って癌の栄養動脈に抗がん剤を超選択的に直接注入します。癌には濃厚な抗がん剤が作用し高い効果が得られますが抗がん剤が全身に広がった時には薄まって副作用は弱くなります。超選択的動注化学放射線治療を行うことで、これまでは根治が困難であった進行した上顎洞がん癌では、切らずに根治を目指せるようになっています。

もう1つのQOL維持のための新しい治療法は、IMRT(強度変調放射線治療)です(図3)。IMRTは、頭頸部がんの放射線治療の合併症減少に特に有効です。放射線治療では放射線を正常な組織を避けてがんに集中させることが合併症を避けるため重要です。しかし従来のリニアックを用いた放射線治療では唾液腺や脊髄、眼球、視神経などを避けようとしても放射線が当たってしまうため、唾液分泌障害による口渇・虫歯、白内障などの合併症が起きていました。

図3 IMRT(中咽頭癌)

イメージ 対向2門照射(従来法)、IMRT

これに対しコンピュータ制御により周囲組織を避けながら放射線を癌に集中させ周囲組織の放射線障害を減少させることを可能にしたのがIMRTです。IMRTは、リニアックに比べて治療に人的な時間と労力が必要なため、すべての放射線治療をIMRTで行うのが難しいというのが弱点でした。しかし当院に平成24年度に導入された装置はこの弱点が大きく改善されており、当院の放射線治療は完全なIMRT化が実現されています。その他にも早期の舌・口腔癌に対する小線源放射線治療(局所制御率は手術と同等で切らずに治せる)もQOL維持を重視した当院の頭頸部がん治療の特色の1つといえます。

中耳手術(鼓膜形成術、鼓室形成術、アブミ骨手術、顔面神経減荷術)

真珠腫性中耳炎と重症の慢性中耳炎には全身麻酔で鼓室形成術を行っています。入院期間は2週間程度、年間約30件、当院の鼓室形成術は原則として外耳道削除(型)鼓室形成術・外耳道再建術です。この術式は骨を大きく削って広い視野が得られるため安全に確実に病変を取り除くことができます。真珠腫性中耳炎では熟練した術者でも再発が多いため通常約一年後に再発のチェックを行うため2回目の手術を最初から計画しておきます。
鼓膜穿孔のみで穿孔を閉鎖するだけで聴力が改善する軽症の慢性中耳炎には主に鼓膜形成術(接着法)を行っています。局所麻酔で行えば体への負担が少ないため持病がある人や高齢の人でも手術を受けることができます。日帰り手術も可能です。
耳硬化症に対するアブミ骨手術も可能です。
顔面神経は頭蓋骨の骨の管の中を通って頭の中から外に出てきます。神経が炎症で腫れると、骨の中で自分で自分を締め付け顔面神経麻痺が起きると考えられています。顔面神経減荷術は骨の管を開放して神経の締め付けを取り除きます。通常は麻痺の発症2週間経過して麻痺の改善が全くなく、神経の障害の程度を調べる検査で高度障害と診断された場合に手術を考慮します。手術を行う場合は発症後一か月以内に行う必要がありそれ以上時間が経つと効果は少なくなります。

高気圧酸素治療(突発性難聴)

突発性難聴とは、原因不明で急に内耳が障害され聴こえが悪くなるすべての難聴(急性感音性難聴)のことを指し様々な原因の難聴が含まれています。しかし原因不明と言いながら多くの突発性難聴では、炎症と循環障害(内耳の酸素不足)が原因であると考えられており、炎症を抑えるステロイドホルモンと循環改善剤の投与が行われます。高気圧酸素治療は血液に含まれる酸素を増加させ内耳の酸素不足を改善する目的で行われます。一般的な高気圧酸素治療装置は一人用で一日に治療できる人数に限りがあり治療対象は重症例に限定される傾向にあります。しかし当院には全国でも数少ない第2種多人数型高気圧酸素治療設備があり一度に最大14人の治療を行うことができるため適応があれば難聴の程度にかかわらず治療を受けることができます。突発性難聴の治療開始は早ければ早いほうが良く、発症2週間以内に治療を開始した場合とそれ以降に治療を開始した場合とでは回復に大きな差があり発症後一か月以上経過すると回復は困難と考えられています。 突発性難聴治療実績は年間約200例です。

治療診療実績

手術の内訳(部位、良性悪性別)

  2009年 2010年 2011年
良性疾患 46 46 79
悪性疾患 1 0 0
咽頭 良性疾患 30 35 64
悪性疾患 3 2 1
口腔 良性疾患 3 1 3
悪性疾患 6 7 6
唾液腺 良性疾患 22 10 13
悪性疾患 0 0 1
咽頭・気管 良性疾患 14 24 8
悪性疾患 3 3 1
鼻・副鼻腔 良性疾患 44 48 58
悪性疾患 3 4 0
頸部 良性疾患 6 15 18
悪性疾患 28 21 13
甲状腺 良性疾患 2 1 1
悪性疾患 3 2 1

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
タツカワ タカハル
立川 隆治
耳鼻咽喉科・頭頸部外科科長
高気圧酸素治療室長
平成元年
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
頭頸部癌
睡眠時無呼吸症候群
ニシ ヤスユキ
西 康行
耳鼻咽喉科・頭頸部外科医師
医学博士
平成12年
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
頭頸部癌
鼻科手術
オオバヤシ アツト
大林 敦人
耳鼻咽喉科・頭頸部外科医師
平成18年
日本耳鼻咽喉科学会専門医 耳鼻咽喉科一般
サメシマ カツヨシ
鮫島 克佳
耳鼻咽喉科・頭頸部外科医師
平成25年
  耳鼻咽喉科一般

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 立川
西
西
大林
大林
鮫島
睡眠呼吸外来
立川
西
(交代制)
手術日
初再診10:30迄
午後   嚥下内視鏡検査
特殊検査日
手術日 睡眠呼吸外来 手術日

手術日 水曜日・金曜日

病棟診察 月曜日・火曜日・木曜日

金曜日 手術日につき受付10時30分まで

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ