ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

病理診断科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

理念

わかりやすい病理診断

運営方針

病理診断とは?

担当の先生が、「ちょっと細胞を取って調べてみましょう」や「手術して病気を調べてみましょう」と言われた際に、実際に顕微鏡で細胞を観察して病気の性質(良悪性や治療に対する反応など)を決める診断のことです。当センターには、病理診断を専門に行う病理専門医が常勤しています。

写真 乳がん細胞の顕微鏡写真と乳がんHER2/IHC(茶色に染まれば陽性)と乳がん細胞の遺伝子検査(HER2遺伝子:赤色)

病理専門医とは?

悪性や良性に分類される腫瘍(しゅよう)の性質を決める病理診断を専門的に行っている医者です。その診断に基づいて治療方法が決まります。

細胞診断とは?

肺がんや膀胱がんでは、痰や尿の中にがん細胞が混じることがあります。痰や尿を顕微鏡で調べてがん細胞がいるかどうか、または、炎症の度合いなどを細胞検査士(認定資格を取得し、細胞診断を専門業務とする臨床検査技師)が判断します。子宮がん検診では、子宮内の細胞を、乳腺・甲状腺・耳下腺やリンパ節などは穿刺針で細胞を吸引し細胞を診ます。

写真 子宮頸部の重層扁平上皮細胞と喀痰中の真菌(アスペルギルス)と耳下腺のがん細胞

病理外来とは?

当院では平成18年2月より病理外来を設置しております。

当科での研究・特色

高度医療先端技術の開発・臨床導入

特色

治療診療実績

件数 2012年 2013年 2014年 2015年
組織診 7048 7270 7015 7614
細胞診 6928 7319 7252 6962
解剖 16 18 19 20
術中迅速 479 504 500 560
病理検討会開催数(回) 2012年 2013年 2014年 2015年
CPC 14 15 5 13
オートプシーボード 18 17 16 24
その他病理検討会の内訳

他科とのカンファレンス(外科カンファレンス、乳腺カンファレンス、消化器カンファレンス、呼吸器外科カンファレンスなど週および月1回)

スタッフ紹介

資格取得

細胞検査士 3名 特定化学物質等作業主任者 2名
国際細胞検査士 0名 有機溶剤作業主任者 2名
氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 その他
タニヤマ キヨミ
谷山 清己
院長
広島大学医学部臨床教授
医学博士
昭和53年
日本臨床検査医学会専門医
日本病理学会専門医・指導医
日本臨床細胞学会専門医・指導医
日韓細胞診合同会議日本側代表
クラオカ カズヤ
倉岡 和矢
病理診断科科長
臨床検査科長
医学博士
平成12年
日本病理学会専門医・指導医
日本臨床細胞学会専門医・指導医
病理診断一般
サイトウ アキヒサ
齊藤 彰久
病理診断科歯科医師
医学博士
平成14年
日本病理学会専門医 病理診断一般
ザイツ ジュンイチ
在津 潤一
病理診断科医師
医学博士
平成19年
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
病理診断一般
タニヤマ ダイキ
谷山 大樹
病理診断科医師
平成24年
  病理診断一般

外来診療日割表

診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 谷山 清己 谷山 清己 谷山 清己 谷山 清己 谷山 清己
午後          

病理外来は完全予約制となっており、紹介状が必須です。

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ