ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

リハビリテーション科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

リハビリテーションとは、病気や事故によって生じた障害に対して医学的治療や機能訓練をおこない、可能な限りの心身の回復と社会・家庭復帰を支援することです。一般に医療の役割は病気や怪我そのものの治療を行い、生命にとって有害な原因を取り除くことにあります。

これに対して、リハビリテーション医療は疾病そのものを治療の対象とするのではなく、そこから生じた「動けない」「歩けない」「話せない」などの「障害」を対象とするところが特徴です。
他の分野が注射や投薬、手術といった患者さんからみると「受け身」の治療が主であるのに対して、リハ医療は「動けない状態を克服する」という患者さん自身の努力と協力が不可欠なことも他の医療と大きく異なっています。

写真 理学療法部門

ひとりひとりに最適なリハビリテーション医療を

人それぞれ違いがあるように、障害は多様で個別的(パーソナル)なものです。私たちは障害の内容や程度、年齢や体力、性格や家庭環境など様々な要素を考慮し、ひとりひとりに最適な医療を提供する必要があります。そのためにはさまざまな専門分野の英知を結集してチームとして取り組まなければなりません。

写真 作業療法部門

リハビリテーション科は外来棟2階の南端にあります。訓練室の一面は外の景色が眺望でき四季折々の自然の変化を楽しみながら、のびのびとリハビリに取り組んでいただける環境にあります。
若いスタッフが多いのはこの業界の特徴でもありますが、各々が最新の知識・技術の研鑽につとめ、患者さんがよくなってくれることを自分の喜びとして日々業務に取り組んでいます。

施設基準

疾患別リハビリテーション

脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ

脳出血・脳梗塞・脊髄損傷・神経難病など(廃用症候群)術後や治療のための安静で生じる機能低下

運動器疾患リハビリテーション料Ⅰ

上肢下肢の骨折・脊椎疾患・手根管症候群・その他の手の外科手術後・切断など

呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

肺炎・肺気腫・肺塞栓など

心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ

急性心筋梗塞、狭心症、 開心術後、大血管疾患(大動脈解離、解離性大動脈瘤、大血管術後)、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患など

がんのリハビリテーション

がんの術後、緩和ケア、造血幹細胞移植後・抗がん剤・放射線治療による機能障害

写真 リハビリテーション科集合写真

精神科作業療法

うつ病・統合失調症・適応障害など

365日診療体制

発症後あるいは手術後まもない患者様や医師が必要と判断した患者様を対象として診療を行っています。
ゴールデンウィーク、年末年始など休日が続く場合は急性期の患者様を優先しながら診療の必要度に応じて行っています。

疾患別チーム編成

脳血管疾患、運動器疾患、心臓疾患、呼吸器疾患、精神疾患、消化器外科、がん等、当院リハビリテーション科で扱う主要疾患について理学・作業・言語の専門チームを構成して対応います。この体制を導入することで、高度なリハビリテーションを提供・診療の質の向上を目指しています。

関連部門

リハビリテーション科 関連部門のメニューです。

チーム医療活動

カンファレンス

リハビリテーションはさまざまな職種がそれぞれの専門性を提供しあいながら患者様の回復を支援するチーム医療といわれています。定期的にカンファレンス(事例検討会)を行い病状、問題点、治療の進行度、今後の方針などを他職種で検討しよりよい診療ができるよう努めています。

呼吸器ケアチーム(RCT: Respiratory Care Team)

人工呼吸器を使用している患者様に対して、管理方法の標準化と人工呼吸器からの早期離脱、質の高い看護ケア提供を目的として専門のチームを構成して治療にあたっています。理学療法士も、医師・看護師・臨床工学技師・栄養士とともに活動しています。

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)

栄養状態が悪い患者様に対して最もふさわしい方法で栄養状態を良好に保つことを目的として構成された栄養支援チームです。言語聴覚士も医師・看護師・栄養士とともに活動しています。

診療実績

疾患別リハビリテーション件数

グラフ 平成20年から24年までの疾患別リハビリテーション件数

卒後教育・学術活動

当科では、教育・学術部が中心となり、卒後教育や科内勉強会の企画・運営、臨床研究のサポートなどを行う体制をとっております。また、学会や教育・学術講演活動への参加、専門資格の所得なども積極的にバックアップしています。

卒後教育

新人スタッフを各専門チームのローテーションに組み入れ、その中で教育を行うシステムを導入しました。ローテーション終了後は症例報告を行うなど知識や技術の習得の成果を発表するなど資質の向上に努めています。また、学会発表前には科内で活発に予演会を行っています。

研究・研修実績

学会発表(平成27年度実績)
第50回日本理学療法学術大会
「開頭腫瘍摘出術後に前庭機能障害を呈した中耳悪性腫瘍の一例」
第10回呉地区栄養サポート研究会
「急性期病院における栄養・摂食嚥下リハビリテーションの取り組み ~病棟看護師との連携から~」
第49回日本作業療法学会
「SLEに合併した屈筋腱断裂-SLEに合併した環小指屈筋腱断裂1症例に対する作業療法の経験-」
第69回国立病院総合医学会
「CCASを呈した小脳出血に対する作業療法介入の検討~神経科学的根拠の視点~」
「肺切除予定患者に対する包括的呼吸リハビリテーションの効果判定」
「国立病院理学療法士協議会 中国四国部会 「人材育成」に対する取り組みについて」
「呼吸同調器の有無が慢性呼吸不全患者の運動負荷試験の結果に及ぼす影響に関する検討」
「個別担当性による就労支援の取り組みについて」
「患者立脚型の母指対立再建法術式の評価に関する検討」
「便秘症を呈した経腸栄養患者への作業療法介入 ~他職種との連携により下剤が不要となった一症例を通して~」
「呉医療センター精神科病棟における生活習慣改善プログラム導入の試み」
「高度肥満の心不全患者に対し減量を目的とした運動指導を実施した一例」
「急性期医療・救急」
第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会
「高度低肺機能肺癌症例に対する術前包括的呼吸リハビリテーションの臨床的有用性評価」
第5回日本リハビリテーション栄養研究会学術集会
「急性期病院における栄養・摂食嚥下リハビリテーションの取り組み ~病棟看護師との連携から~」
第5回がんリハビリテーション研究会
「生活行為向上マネジメントを用いて関わった終末期がん患者1症例」
第16回呉がんチーム医療研究会
「癌終末期に視床出血を発症し、リハビリ経過中に癌の症状が悪化した患者に対して、調理訓練を導入した例」
「右視床出血を呈した終末期がん患者の理学療法を経験して~自宅復帰困難と思われたが家族・他部門との関わりを通じて自宅復帰できた1症例~」
第3回中部ハンドセラピィ研究会
「血管柄付き組み立て式骨膜移植による手指関節再建に対する作業療法」
「DIP関節固定術後に複合組織移植による関節再建を行った1例」
第34回院内研究発表会
「脳外傷により対人技能の低下を来した1症例 ~対人関係を築く上でのスキル獲得に向けた作業療法介入~」
国外発表
APSR2015
「Prediction of exercise-induced-hypoxemia inpatients with ideopathic interstitial pneumonias without resting hypoxemia」
The27th Rajavithi Hospital Annual Academic Meeting
「Verification of feasibility in exceedingly-early-oral-intake after lung resection」
第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会
「急性期病院における栄養・摂食嚥下リハビリテーションの取り組み~病棟看護師との連携から~」
教育講演活動・学術講演等
かわもと心臓内科クリニック スタッフ対象講演会
「高齢者に対する安全な心臓リハビリテーションについて」
大谷リハビリテーション病院 院内研修会
「呼吸器リハビリテーション」
広島呼吸ケア研究会 福山分科会
「呼吸器リハビリテーション 排痰法を中心に」
がんのリハビリテーション研修
「ADL・IADL障害に対するアプローチ、がんのリハビリを実践する上での問題点 等」
「ADL・IADL障害に対する対応、がんリハビリテーションの問題点 等」
平成27年中国四国グループ内言語聴覚士スキルアップ研修
「急性期病院における言語聴覚療法」
骨粗鬆症オープンカンファレンス~院内院外との医療連携について~
「高齢者の骨折と運動療法」
済生会今治病院 看護部研修会
「呼吸器リハビリテーションとフィジカルアセスメント」
非常勤講師
広島県立呉南特別支援学校
「児童への言語発達指導(全11回)」
臨床研究の推奨

『ひとりで悩まない』をテーマに、教育・学術部とチームを組んで臨床研究のノウハウを学んだり、疑問を検討しています。基礎的な知識の習得から学会報告まで段階的に取り組んでいけるようサポートしています。

専門資格者の養成

がんのリハビリテーション料算定要件講習会受講、3学会合同呼吸療法認定士、NST専門療法士、心臓リハビリテーション指導士、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士など専門的な資格の所得を推奨しています。

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
ハマダ ノリカズ
濱田 宜和
中央放射線センター部長
整形外科科長
リハビリテーション科長
医学博士
昭和55年
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本運動器リハビリ学会専門医
リウマチ関節外科
トリイ ツヨシ
鳥居 剛
医療情報部長
神経内科科長
医療情報管理室長
臨床研修部長補佐
医学博士
平成5年
日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
日本神経学会専門医、指導医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医、指導医
日本認知症学会専門医、指導医
日本内科学会認定JMECCインストラクター
日本救急学会認定ICLSディレクター
広島大学医学部臨床教授
神経内科全般、脳卒中、認知症、頭痛、神経難病
イトウ ヨウコ
伊藤 陽子
脳神経外科医長
平成5年
日本脳神経外科学会専門医 てんかん
脳血管障害
モリ リョウ
森 亮
リハビリテーション科医師
平成13年
日本整形外科学会専門医 整形外科一般
股関節外科
リハビリ一般

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前   鳥居   濱田
午後 伊藤        

休日診療

発症後あるいは手術後まもない患者様や医師が必要と判断した患者様を対象として診療を行っています。
ゴールデンウィーク、年末年始など休日が続く場合は急性期の患者様を優先しながら診療の必要度に応じて行っています。

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ