ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

呼吸器外科

現在のページ

ページ内メニューです。

概要・特色

呼吸器外科は、中国地方のがんセンターとして肺がんを中心とした悪性疾患、また呼吸器センターの外科部門を担当するため良性疾患を含めた胸部外科領域の手術を幅広く担当しています。地域の中核機関として高いレベルの医療を地域の皆様へ提供できるよう鋭意努めています。現在、そのほとんどの症例で3D内視鏡システムを使用した内視鏡手術(胸腔鏡手術:VATSバッツ)を行い、できるだけ体への負担を軽くするために徹底した低侵襲手術を心がけています。主な疾患としては、原発性肺がん、転移性肺腫瘍、自然気胸、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫などです。年間150例前後の呼吸器外科手術、100例近い原発性肺がん手術を施行し、これまでに1000例を越える原発性肺がんの手術を経験しています。原発性肺がんに対する進行度別の治療成績(最新の肺癌取扱い規約第8版2017年1月に基づきます)と、内視鏡手術数を含めた症例年度別推移のグラフを図に示します。

図 原発性肺がんに対する病理病期別手術成績(生存曲線)

グラフ

図 内視鏡使用手術(VATS)割合を含めた症例年度別推移

グラフ

当科の特色

国立病院機構の主幹病院、地域のがんセンターとして、医療の質を担保するために以下の特徴ならびに近年の動向があります。

診療内容・対象疾患

診療内容

当科の対象疾患は原発性肺がん、転移性肺腫瘍、自然気胸、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫など胸部外科領域全般にわたりますが、それぞれの手術方法を以下に示します。

呼吸器外科の手術方法

低侵襲な鏡視下手術を積極的に適応しています。特に2015年夏に導入した3D内視鏡システムを使用した胸腔鏡下手術(3D-VATS)では、サングラスのような円偏光メガネをかけることにより、胸腔内をモニターで立体的に見ることができます(写真参照)。手術に携わる全ての者が立体的な同じ視野を共有し、さらに拡大視も合わさって、通常の二次元の完全胸腔鏡下手術と開胸手術の利点をあわせたような環境下で手術を施行しています。手術時間短縮や出血量減少などの安全性に寄与していると考えています。胸腔鏡手術を行う患者さんは年々増加し、見た目の傷の大きさだけでなく、早期の回復、術後の痛みの軽減により入院期間も大幅に短縮されています。下記に疾患別の主な手術方法を紹介します。

写真 胸腔鏡手術の風景 手術は3人で施行、中央にモニター

原発性肺がんに対する手術

完全胸腔鏡下肺葉切除術(Pure VATS lobectomy ピュアバッツロベクトミー)

根治手術が可能な原発性肺がんに対する標準術式は、肺癌診療ガイドラインにおいて肺葉切除術+所属リンパ節郭清術です。そのうち進行度I期(リンパ節転移のない4cm以下)の原発性肺がんに対する根治手術として、当科では完全胸腔鏡下手術を採用しています。直径0.5-3.0cm程度の穴を3-4箇所開け(写真参照)、そこから棒状の長い鉗子や自動縫合器などを使用しながら患部の切除を行います。手術スタッフ全員が前述の3D内視鏡による立体映像をモニターで確認しながら進めます(3D-VATS)。体に負担の少ない術式で、現在までに300例以上の症例の経験を積んでおり、そのメリットを表に示します。

写真 左肺がんに対するピュアバッツロベクトミー術後の傷の状態

表 開胸手術と胸腔鏡下肺葉切除術の比較
  従来の開胸手術 胸腔鏡下肺葉切除術
傷の大きさ 大きく目立つ 0.5㎝から3㎝ と小さい
美容的 劣る きれい
術後の痛み 強い 比較的弱い
手術侵襲 大きい 呼吸機能の回復早い
術後入院期間 10日から2週間 6日から10日程度
出血量 200g以下 100g以下
手術時間 2時間から3時間 3時間から4時間
緊急時の対応 迅速に対応 時間がかかることも
胸腔鏡補助下手術(Hybrid VATS lobectomy ハイブリッドバッツロベクトミー)

進行度II期以降の原発性肺がんに適応している低侵襲性を目指した根治術です。肺葉切除+所属リンパ節郭清を、5㎝から10㎝程度の開胸創から行っています。小さな傷から視野を確保しながら、必要に応じて3D胸腔鏡(3D-VATS)の視野も併用しながら手術します。脇の下を切開した場合に、術後の傷は立位ではほとんど目立ちません(写真参照)。

写真 右肺がんに対するハイブリッドバッツロベクトミー術後の傷の状態

周囲臓器の合併切除を伴う拡大手術や気管支形成術

切除が一見困難に見える症例においても、他科との合同カンファレンスで様々な角度から検討し、根治手術が可能であればチャレンジします。進行肺がんでは腫瘍の完全切除のためには胸壁や周辺臓器や大血管の合併切除が必要な場合や、気管気管支形成術(気道の再建)が必要な場合には、従来の10-25cm程度の標準開胸手術を行うことがあります。術前に抗がん剤治療や放射線療法を加えてから切除する場合もあります。

胸腔鏡下肺区域切除

肺がんの標準的根治術は肺葉切除ですが、それ以下の小範囲の切除となります。切除範囲の縮小による肺機能の温存と、腫瘍の確実な切除を目指した手術であり、縮小手術として期待され臨床試験が行われています。現在のところは、肺癌診療ガイドラインに沿って、早期の肺がん(0期や2cm以下の1期の一部の肺がん)や、ご高齢や併存疾患があるため肺をできるだけ残した方がいい患者さんに施行しています。基本的に3D内視鏡システムを使用した胸腔鏡下手術(3D-VATS)で行います。

胸腔鏡下肺部分切除

肺の表面を部分的に切除する手術で、切除範囲は肺葉切除や区域切除に比べて最も小さくなります。早期の肺がん(0期)やご高齢や併存疾患があるため肺をできるだけ残した方がいい患者さんに施行しています。基本的に3D内視鏡システムを使用した胸腔鏡下手術(3D-VATS)で行います。

転移性肺がんに対する手術(胸腔鏡下肺部分切除術、肺区域切除、肺葉切除)

肺は全身の血液が戻ってくる臓器であるため、他臓器のがんが肺に転移することはしばしばあります。その際に切除を検討することがあります。原発巣が制御され、たとえ両側肺に存在しているときでも、切除可能と判断した場合には、できるだけ切除します。また、多数の肺転移巣と思われる病変が認められる場合でも、診断の目的でその一部を切除する場合もあります。肺の部分切除、区域切除、肺葉切除など病変の範囲に応じて切除範囲を決定します。基本的に3D内視鏡システムを使用した胸腔鏡下手術(3D-VATS)で行います。

自然気胸に対する手術(胸腔鏡下ブラ切除術)

肺から空気漏れが生じて肺が虚脱した状況を気胸といいます.その原因として肺嚢胞(ブラ)や気腫性肺嚢胞などが破れることがあげられます.気胸に対する治療は①経過観察②胸腔ドレナージ(管を入れた治療)③手術があります。①は肺虚脱が少ない際に選択します。②で空気漏れが消失すれば管を抜去しますが、再発率は50%程度と言われています。③手術は気胸が再発する場合や空気漏れが継続する場合、また肺嚢胞があり切除を希望される場合などに選択します。胸腔鏡を用いて、気胸の原因となる肺嚢胞などを切除します。さらにカバーリング材などを使用して補強することもあります。再発率は数%程度と言われています。基本的に3D内視鏡システムを使用した胸腔鏡下手術(3D-VATS)で行います。

縦隔腫瘍に対する手術

胸腔鏡下縦隔腫瘍切除術

左右胸腔(肺の入った部屋)の間に挟まれた部位を縦隔といい、心臓や気管,食道,その他血管・神経のある部分を指します。同部に発生した腫瘍を総称して縦隔腫瘍といいます.良性・悪性様々な疾患が該当し(胸腺腫・胸腺嚢胞・胸腺癌,奇形腫,胚細胞腫,神経原性腫瘍,気管支原性嚢胞など)、外科的切除が適応であれば、可能な限り3D胸腔鏡下に切除を行います。胸腔鏡下に切除が難しいときには開胸下に切除を行ったり、胸骨正中切開にて行ったりすることがあります。病変の広がりによっては周囲の臓器(肺や心膜など)を合併切除することもあります。胸腺腫は重症筋無力症を合併することがあり、胸腺腫のない重症筋無力症も含め拡大胸腺摘出術という術式を選択することがあります。その際、術後呼吸状態を厳重に管理する必要があり(クリーゼ発症の可能性)、集中治療室にて一晩経過を観察します。

縦隔鏡下リンパ節生検術

主に気管周囲のリンパ節へのがん細胞の転移の有無や、リンパ節の腫れている原因について確定診断を行うために行います。基本的には今後の治療方針を決定するための検査目的の術式です。頚部に2-3cm程度の傷を設け、気管に沿ってカメラ(縦隔鏡)を挿入し必要な病変を採取します。

悪性胸膜中皮腫に対する手術

胸腔鏡下胸膜生検術

胸膜(胸腔を裏打ちする膜;壁側胸膜、ならびに肺の表面を覆う膜;臓側胸膜)に腫瘍性病変を認める時に診断目的で行う手術です。 基本的には今後の治療方針を決定するための検査目的の術式です。側胸部に1−2箇所の小さな傷を作成し、胸膜の採取を行います。診断には通常の病理診断以外に免疫染色など特殊な検査が必要です。胸水(胸腔内の液体)が貯まらないように癒着剤を胸腔内に散布することがあります。

片側胸膜肺全摘術

壁側胸膜より内側に存在する胸膜・肺をすべて切除する手術です。心膜や横隔膜を合併切除し、さらにそれらを再建することもあります。呼吸器外科領域の中ではもっとも体への負担の大きな手術です。手術の前後に抗がん剤や放射線などを追加することがあります。最近では状況に応じて、肺実質は残して胸膜のみを切除する胸膜切除・肺剥皮術を選択することもあります。

その他の手術

様々な病態に対してできるだけ3D-VATSを使用し、体に負担の少ない手術を目指しています.間質性肺炎の確定診断のための外科生検手術、外傷性血気胸の手術、胸壁切除再建術、横隔膜切除再建術、胸腔鏡下胸部交感神経遮断術(手嘗多汗症の手術)、漏斗胸の手術などの手術を施行しています。

周術期呼吸器リハビリについて

呼吸リハビリテーションとは呼吸器の病気によって生じた障害をもつ患者さんに対して、可能な限り機能を回復、あるいは維持させて、患者さん自身が自立できるように継続的に支援していくためのプログラムです。当科では手術待機期間を最大限に活用すべく、積極的に取り組んでいます。

イメージ 呼吸器リハビリ支援プログラム

治療診療実績

2016年度の症例内訳を表に示します。原発性肺がん、転移性肺腫瘍が対象疾患として最も多く、気胸・嚢胞性肺疾患がその後に続く頻度で、この割合はここ数年増加傾向です。

表 手術対象疾患(2016年度)
原発性肺がん 98 胸腺腫 4 胸壁腫瘍 3
転移性肺腫瘍 20 縦隔腫瘍 4 膿胸 2
気胸 10 縦隔リンパ節腫大 4 その他 10
良性肺腫瘍 3 悪性胸膜中皮腫 1 合計 168
炎症性肺疾患 9 胸膜腫瘍 0    

2011年以降の研究実績:論文(筆頭のみ)

  1. 山下 芳典: がん患者の代謝と栄養管理.東口高志,編.血液がん患者の栄養療法,医薬ジャーナル,2017,123-126.
  2. 三村 剛史: 三次元内視鏡システムを用いた完全胸腔鏡下肺葉切除術の有用性.日呼外会誌,31 巻5 号2017,07.
  3. Mimura T: Complete transection of the left main bronchus caused by blunt thoracic trauma in a child treated by bronchoplasty and lung parenchyma preservation. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2016Feb; 64(2): 113-5.
  4. 山下 芳典: 7)呼吸不全.経腸栄養剤の選択とその根拠.井上善文(編)フジメディカル出版,大阪pp113-119, 2015
  5. 山下 芳典: 分岐鎖アミノ酸 (BCAA) 併用呼吸リハビリテーションの効果 - BCAAと筋タンパク質合成 -. 外科と代謝・栄養 , 49(2): 113-119, 2015.04.
  6. Yamashita Y: Extrapleural pneumonectomy plus rib resection for malignant pleural mesothelioma: a case report. "J CardiothoracSurg. " 18;9(1):176. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 25403819; PubMed Central PMCID: PMC4241212. 2014 Nov.
  7. Yamashita Y: Relationship between the Incidence of Methicilin-Resistant Staphylococcus Aureus Isolation and Consumption of Total Parenteral Nutrition under Management of a Nutritional Support Team International Journal of Health and Nutrition, Vol 5, No 1 Vol 5, 2014,8-12.
  8. 山下 芳典: 高齢者肺がんに対する術後早期回復のための課題-胸腔鏡手術(VATS)を軸とした合併症予防の試み-. 静脈経腸栄養, 29(6)1339-1345(2014.11).
  9. 山下 芳典:「高齢者外科:周術期栄養管理をめぐる諸問題」高齢者肺がんに対する周術期栄養管理の問題点と対策ーチームアプローチによる包括的リハビリテーションー. 外科と代謝・栄養, 48(4)125-130(2014.08).
  10. Yamashita Y: Post-thoracotomy pain and long-term survival associated with video-assisted thoracic surgery lobectomy methods for clinical T1N0 lung cancer: a patient-oriented, prospective cohort study, European Journal of Cardio-Thoracic Surgery 2013; doi: 10.1093/ejcts/ext107.
  11. 山下 芳典: 呼吸器疾患に対する栄養療法  -慢性閉塞性肺疾患(COPD)に誤嚥性肺炎を併発した高齢者の1例- 図表でわかる栄養療法-基礎から学ぶ臨床-. 編集 東海林 徹  ㈱じほう出. 2013.3, 185-190.
  12. Yamashita Y: Video-assisted thoracic surgery lobectomy for lung cancer: the point at issue. General Thoracic and Cardiovascular Surgery(2011.03).
  13. 山下 芳典: 経鼻胃管による経腸栄養は嚥下性肺炎を誘発するのか? 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌;2011.12. 21(3):270-276.

意見、ご質問がございましたらご連絡下さい。
医師の方へ:胸腔鏡手術の見学できます。
事務局・ご意見箱:kokyukigeka-mc@kure-nh.go.jp

スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野
ヤマシタ ヨシノリ
山下 芳典
臨床研究部長
呼吸器外科科長
治験管理室長
国際交流室長
広島大学医学部客員教授,臨床教授
日赤広島看護大学非常勤講師
医学博士
昭和57年
呼吸器外科専門医
日本呼吸器外科学会指導医
日本胸部外科学会指導医
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器病学会専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本静脈経腸栄養学会指導医
日本外科代謝栄養学会教育指導医
日本がん治療認定機構暫定教育医
日本呼吸器外科学会 胸腔鏡手術インストラクター
肺がん、自然気胸、縦隔腫瘍
胸腔鏡手術(VATS)
術前後の抗がん剤治療
臨床栄養管理
ミムラ タケシ
三村 剛史
呼吸器外科医長
腫瘍統計・疫学研究室長
医学博士
平成11年
呼吸器外科専門医
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本胸部外科学会正会員
日本がん治療認定機構認定医
肺がんCT検診認定医
呼吸器外科一般
胸腔鏡手術(VATS)
ニシナ マイ
仁科 麻衣
呼吸器外科医師
平成26年
マンモグラフィ読影認定医 乳腺外科一般
呼吸器外科一般

外来診療日割表

午後の診察は完全予約制となっています。

休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 三村
(中皮腫外来)
  三村
(気胸外来)
山下
仁科
 
午後 山下        

手術日:全日 火曜日・金曜日

月曜日・木曜日 山下 初診のみ

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ