Menu

呉医療センター・中国がんセンターとは

当センターは、明治22年に創設された呉海軍病院を前身とする伝統ある病院です。
昭和31年10月に国立呉病院となり、さらに平成16年4月には全国の国立病院が独立行政法人国立病院機構に体制移行されました。現在は、がんセンター、第3次救急センター、呉心臓センター、呉人工関節センター、周産期母子医療センター、緩和病棟、地域医療研修センター、医療技術研修センターなどを有し、35診療科が日々の診療を行う高度総合医療施設です。看護師養成施設として、看護学校を併設しています。

独立行政法人国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 病院サイト
〒736-0023 広島県呉市青山町3-1
地上12階 地下2階/ 建物面積7,964平方メートル/駐車場設備400台
700床(一般650床・精神50床)

診療科
内科、内分泌・糖尿病内科、腎臓内科、血液内科、腫瘍内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線腫瘍科、緩和ケア科、歯科、歯科口腔外科、病理診断科、麻酔科 35
チーム医療
呼吸ケアチーム 緩和ケアチーム 褥瘡防止チーム 感染コントロールチーム 栄養サポートチーム精神科リエゾンチーム
イベント
呉国際医療フォーラム(毎年7月) メディカルフェスタ(毎年)
当センターの理念
相手の心情に寄り添う愛のある医療を笑顔で実践します
看護部の理念
専門性をいかした やさしさのある看護
シンボルマーク
シンボルマーク

Wave(波)とWind(風)を表したシンボルマークです

PAGE TOP
PAGE TOP