TOP > 学校案内

学校案内

学校長あいさつ

和顔愛語
Love and Smiles

“相手の心情に寄り添う愛のある医療を笑顔で実践します(Practice medicine from the heart, Create smiles every day)”を、病院の理念としている呉医療センター・中国がんセンタ―は、地域医療を支える基幹病院であり、日本最大の医療グループである「国立病院機構」の代表的病院の一つとして、安心・安全で理にかなう最新医療を行っています。当センター附属呉看護学校で学ぶ看護学生の皆さんも、相手の心情に寄り添う気持ちを持ち、いつも笑顔で人に接する“和顔愛語”を実践していきましょう。そして、職業人としての誇りを持つ立派な看護師になりましょう。

教育理念・目的・目標

教育理念

看護は健康障害の有無を問わず、あらゆる健康レベルと成長発達段階にある対象の健康の保持増進、疾病の予防、回復への支援、病気と共に生きること、最期までその人らしく生きることを支える看護実践である。その基盤となるのは生命の尊厳、人間のもつ文化や権利を尊重し、対象を身体的、精神的、社会的側面をもつ統合された存在であり、それぞれの側面の総和を超える可能性を秘めた存在として、全人的に理解することが重要である。
本校では、学生が人としての権利を尊重し、豊かな人間性を養い、看護に必要な基本的知識、技術を修得し、科学的根拠に基づいた思考力、判断力、創造力をもち、保健・医療・福祉の連携・協働の中で、社会の変化に対応した専門職としての社会的責務を自覚した看護実践ができるための基礎的教育を行う。また、3年間の教育で学生が主体的に学ぶことができるよう支援する。

教育目的

看護に関する総合的能力を修得するために必要な専門的知識、技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び、社会の人々の健康や福祉の向上に貢献し得る有能な人材を育成する。

教育目標

  1. 人間は、身体的、精神的、社会的側面をもつ統合体であり、それぞれの側面の総和を超え可能性を秘めた存在として、全人的に理解できる能力を養う。
  2. 生命の尊厳を重んじ、人としての権利や価値観や自己決定を尊重し、看護専門職としての責務を果たすため行動できる能力を養う。
  3. 科学的根拠に基づき看護上の課題を明確にし、対象に応じた看護を創造し実践できる基礎的知識・技術・態度を養う。
  4. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践するとともに、人々が社会資源を活用できるよう、保健・医療・福祉チームの一員として看護師の役割と責任をはたす能力を養う。
  5. 主体的に学ぶ態度を身につけ、看護を探求する能力を養う。
  6. 調和のとれた社会人となるよう、国際的視野を広げ、他者の価値観を受容できる成熟した人間性を養う。

学校概要

学校名称 独立行政法人国立病院機構
呉医療センター附属呉看護学校
創 立 昭和38年
課  程 看護師3年課程(看護学科)
看護専門課程
修業年限 3年(昼間)
定  員 1学年 80名(1クラス40名)
総 定 員 240名

学校沿革

昭和 38年 4月 4月 国立呉病院附属高等看護学院開設 第1回生28名入学
  50年 4月 1日 国立呉病院附属看護学校に改称
  51年 4月 1日 専修学校(専門課程)許可
  60年 12月 2日 体育館完成(リハビリテーション学院と兼用)
平成 2年 11月   推薦入学採用(指定校制)
  6年 3月 19日 国立呉病院附属看護学校及び国立療養所賀茂病院附属看護学校統合大型校、竣工記念式
  6年 4月 1日 国立呉病院附属呉看護学校開校(1学年定員100名)
  7年 11月   社会人入学採用
  9年 11月   推薦入学(一般公募制)採用
  13年 4月   国立病院呉医療センター附属呉看護学校に改称
  16年 4月   独立行政法人国立病院機構呉医療センター附属呉看護学校に改称
  17年 4月   学則変更(1学年定員80名)