ページの先頭です。 ページの本文へ移動 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動

ページの本文です。

病理外来

現在のページ

平成18年2月より、「病理外来」を設置しております。
当センター院長 谷山清己医師は、これまで、患者・家族(遺族)から求められれば病理診断を直接説明することを行ってきました。それは全国的にも注目され、過去に於いて、読売新聞、日経新聞等でも紹介されています。当センターにおいても赴任以来乳がん患者を主な対象として病理診断の説明を行ってきています。病理医による第3者的な病理診断の説明によって患者さんの病態理解度が深まり、患者が治療に対してより積極的になることが、今までの経験で示されています。

写真 参考図書 乳がん患者の心を救う新たな医療‐病理外来とがん患者カウンセリング(日本評論社2013年刊行)

病理外来とは?

あなたのご病気について、病理専門医が分かりやすく丁寧に病理診断を教えてくれる外来です。
病理外来とは、患者自身の“病気に対する理解が深まり治療に積極的になること!!”を期待し、病理医中心に様々なスタッフが関わり、あなたをサポートします。

写真 病理外来風景

患者さんの声

予約方法について

連絡先

独立行政法人 国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 地域医療連携室

広島県呉市青山町3番1号、電話番号 0823-22-3816、FAX番号 0823-32-3070、受付時間は平日の13時30分から17時までです。

外来診療日割表

診察時間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 谷山 谷山 谷山 谷山 谷山
午後          

病理外来は完全予約制となっており、紹介状が必須です。

サブメニューです。

MENU

  • 休診のご案内(各診療科の休診日 毎月更新)
  • 交通アクセス(当センターをご利用の方々へ)
  • 無料送迎バス(呉駅と呉医療センター間)

ページの先頭へ